1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. 廃車買取業者とのトラブルを避けるための注意点

【廃車買取・基礎知識】廃車買取業者とのトラブルを避けるための注意点

廃車の引き取りや買取りについては、手続きが比較的煩雑であるうえ、処理方法や処分については非常に厳格なルール決めがなされていることから、一般ユーザーが手続きを取ること自体、不可能ではありませんが、相当な労力や時間を要することは念頭に置いておかなければなりません。例えば、実際に個人でスクラップ業者へ持ち込んだり、各種書類の手配や手続きを行うとなると、時間も労力も必要となるので、やはりそうした煩雑な手続きを全て代行してくれる廃車買取業者を利用した方が結果的には良い場合が多いのが実情です。ただし、廃車買取業者によっては様々なトラブルも報告されているようですので、特に廃車手続きに関する事項は、どこまでを代行手続きしてくれるのか?、必要に応じて書面の交付をお願いするなど、念押しして依頼する必要があります。

廃車買取業者とのトラブルを避けるための注意点 まず、廃車といっても必ずしも解体するとは限りませんので、その認識の違いがトラブルになるケースがあります。廃車買取業者によっては、様々な販売ルートを確保しており、車体個々の状態によっては海外輸出した方が高価買取が行える場合もあります。廃車買取ラインナップでも、他社以上の高額買取ができる理由のひとつに、海外新興国へ輸出ルートを確保していることが挙げられます。海外輸出の場合、永久抹消登録(解体処分)ではなく一時抹消登録を行ったのち、輸出抹消仮登録を行うため、自動車そのものの解体が前提となる自動車重量税の還付の対象にはなりません。もちろん、一時抹消登録を行いますので自動車税還付や自賠責保険の解約による返戻金は受けられますが、多くのユーザーさんが「廃車=永久抹消登録(解体)」という認識で、インターネットなどで事前に還付金などの計算をされる方が多いため、この部分で齟齬が生じる可能性がある点は注意が必要です。
上述のとおり、車の状態によって抹消登録方法が異なってくるため、やはり実際に廃車買取を依頼してからでないと、どのような手続きが必要で、どのような還付が受けられるかが分かりにくいのが実情です。その辺の説明をしっかりとしてくれる買取業者であれば安心ですが、買取時の査定員の方の認識違いや知識不足などの可能性もあるため、買取査定時にどの税金が還付されて、どのような手続きが必要かは必ず確認しておくようにしましょう。基本的にどのような抹消登録方法でも自動車税の還付の対象にはなりますので、廃車手続き後に還付される自動車税の計算でもご紹介していますが、その他自賠責保険の解約などは、一時抹消でも永久抹消でも抹消済み証明書で解約手続き可能ですので、自賠責保険証に記載されている保険会社や代理店等に申請するようにしましょう。

その他、見積もり金額の相違に関するトラブルも比較的多いと言われます。特に、電話等でヒアリングした最初の見積もり金額に対して、実際に買い取ってもらう際の買取金額が大幅に異なるようなケースです。もちろん、実際の現車を確認しないことには最終的な買取金額が算出できないのは当然のことなので、電話等で事前に確認した見積もり金額を鵜呑みにしないよう気をつける必要はありますが、あれこれと理由をつけて大幅に査定額を下げるようであれば、その業者への車の引き取りを見送っても良いでしょう。廃車買取依頼時にトラブルにならないためには、まずしっかりと廃車手続き(抹消登録)がなされ、その手続きに応じた税金の還付などの説明をしっかりしてくれるか?、そして査定額に大幅な変更や不自然な点はないか?などを重点的に確認するようにしましょう。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

廃車買取依頼時の処分証明書について 廃車買取の仕組みとその後について ディーラーと廃車買取業者の違いは?
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る