1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. 廃車買取時の戸籍附票と理由書が必要になる場合

【廃車買取・基礎知識】廃車買取時の戸籍附票と理由書が必要になる場合

廃車買取時に必要な書類については、廃車買取時に必要な書類についてでも説明しましたが、まず最初に確認する事項は、車検証に記載されている所有者および住所が、ご自身および委任者になっているかをご確認ください。ご自身である場合は、印鑑証明書に記載されている住所と一致しているかどうかを確認し、委任状と合わせてご用意ください。友人知人など他人名義であれば、その所有者の印鑑証明書ならびに実印、譲渡証明書が必要になります。譲渡証明書および委任状のフォーマットは、国土交通省のウェブサイト(譲渡証明書用紙[PDF]委任状[PDF])にありますので、車検証の記載されている所有者にそれぞれ記載・実印を捺印してもらう必要があります。

廃車買取時の戸籍附票と理由書が必要になる場合 住所記載箇所についてよくあるケースとしては、市区町村の合併などにより住所が変更になった場合ですが、こちらは追加書類は不要である一方、区画整理等で番地まで変わった場合は、その市役所で発行している町名地番変更等証明書が必要となります。また、引越し等で車検証発行時の住所と現住所が異なる場合、引越しが1回の場合は別途住民票(発行から2ヶ月以内)のみの添付で済みますが、2回以上の引越しがあった場合は、戸籍の附票(住所変更履歴)の添付が必要となります。ただし、この戸籍の附票が少々厄介もので、附票自体は自身の本籍地の役所で取り寄せ可能ですが、戸籍の附票データはすべての転居履歴を記載しているわけではなく、場合によっては削除されてしまっている場合もあります。

繰り返しとなりますが、廃車買取時には車検証と印鑑証明書は必須で、車検証と印鑑証明書に記載されている住所が一致する必要があります。そして2回以上の転居等により現住所が変わっている場合は、戸籍の附票が必要となるわけですが、その附票と車検証に記載されている住所がつながらない場合、取り寄せた戸籍の附票は何の証明にもならなくなってしまいます。この場合、陸運局等で用意されている「理由書」にその旨の内容を記載しておく必要があります。理由書は、譲渡証明書などと同様、国土交通省のウェブサイトにてフォーマット(理由書[PDF])がありますので、取り寄せた戸籍の附票と現在の住民票、理由書にその旨を記載すれば手続き可能となります。ちなみに戸籍の附票は、本来住所変更の履歴を残すものではありませんので、例えば結婚前に実家で購入した車を結婚後(実家の戸籍は抜けている)に廃車にする場合、車検証の記載住所は実家になっていますが、結婚前と結婚後で戸籍が移動していることで、それ以降の住所変遷は記録されません。

多くの場合で面倒が生じるのは、やはり結婚による姓の変更や戸籍の附票が必要になるケースで、結婚による姓の変更は別途戸籍謄本か抄本を添付する必要があり、車検証発行から2回以上の引越しがある場合は戸籍の附票、さらにその附票で現住所と車検証記載の住所がつながらない場合は、さらに理由書が必要となります。書類を集めるだけでも少々厄介ではありますが、廃車手続きは登録手続きよりもシビアで、色々と厳しくチェックを行わないと不法投棄などの原因にもなりかねないため、車に対する履歴や現在の状況などをすべて管理できるようになっています。お客様ごとで状況が異なり、必要となる書類も変わってきますので、ご依頼をいただいた段階でラインナップのスタッフが分かりやすく説明させていただきます。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

ローン中の車が廃車買取について 廃車手続き時に必要となる委任状の書き方 車検証など廃車買取時に必要な書類について 廃車買取後の車庫証明の廃止手続きについて 未成年者が所有する車の廃車買取について
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る