1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. 自動車リサイクルシステムサイトの活用方法

自動車リサイクルシステムサイトの役割を知ろう!


車両の所有者は必ず負担するリサイクル料金


自動車の所有者なら、車両の購入時に必ず負担しなければならないのがリサイクル料金です。リサイクル料金は、各メーカー・各車種ごとで細かに定められておりますが、リサイクル料金の内訳として、シュレッダーダストやエアバッグ類、そしてエアコンに使用されるフロンの処分費に分類され、概ね1万円~1.5万円程度の費用負担となります。車両購入費に対して、リサイクル料はさほど大きな負担でもないことから、購入に掛かる諸経費としての認識が強く、実際に支払ったリサイクル料金がどのように活用されるのかまでは、あまり知られていないのが実情です。

過去記事「自動車リサイクル法とは?」でもご紹介しているとおり、車両の所有者は、新車購入時にリサイクル料金を自動車リサイクルセンターに預託し、車の廃車時にはリサイクルシステムにて発行されたリサイクル券を引き取り業者に渡したうえで、正式に引き取ったという証明書の発行を受ける仕組みになっています。二輪車や大型特殊車など一部の車両を除き、すべての車両が対象となっています。つまり、購入した車両が廃車される際の解体費用を事前に預託していると考えれば特に難しい話ではなく、解体される前に中古車として手放した場合は、当然次のオーナーが負担することとなり、前オーナーへは預託していたリサイクル料金は戻ってくるという仕組みです。

預託先である自動車リサイクルシステムとは?

預託先である自動車リサイクルシステムとは?


リサイクル料の預託先は、自動車リサイクル促進センターが管理・運用するスキームとなっており、自動車リサイクル促進センターが運用するサイトが自動車リサイクルシステムとなります。自動車リサイクルシステムサイトでは、主に解体業者の登録や車両の所有者がリサイクル料を調べたり、実際に使用済み自動車が解体されたかの確認をすることができます。ただし、本当に廃車にされたかどうかを確認する方法でも取り上げているように、廃車を行うことと車両が解体されることはイコールではありませんので、廃車をお願いしたからといって必ずしも車両が解体される訳ではないという点は理解しておく必要があります。

車両のリサイクル料金の検索においては、そのほとんどが車両購入時に徴収されておりますので、事後調べることはほとんどないかと思われます。もちろん、車売却時にはリサイクル料が戻りますので、いくら戻るのかを確認しておくという点ではリサイクル料金検索が役に立ちますが、支払ったリサイクル料のうち、資金管理料金は戻りませんので全額戻るという訳ではありません。その他、自動車リサイクル料金の預託状況検索や解体報告記録日・車両状況照会の検索サービスなどがありますが、預託状況においては車検証と一緒に保管しているリサイクル券に記載がありますので、活用できるサービスの中心は解体報告記録日・車両状況照会の検索になります。

解体報告記録日と車両状況照会について


お持ちの車を廃車する際には、国内での再利用を前提とする一時抹消登録、車両を解体後に手続き可能な永久抹消登録、そして海外へ輸出するための輸出抹消登録があります。仮に、ご自身で解体工場などに車両を持ち込む場合は、車両と一緒にリサイクル券を引き取り業者に渡し、引き取り業者からは「使用済自動車引取証明書」を受け取ります。この使用済自動車引取証明書は、自動車リサイクルシステムサイトでの使用済自動車処理状況検索に必要となり、また永久抹消登録を行う際に必要となります。永久抹消登録については、引き取り業者からの引取証明書および、解体完了報告となる解体報告記録日が必要となりますので、解体を依頼した引き取り業者から必ず報告を受けるようにしましょう。

なお、自動車リサイクルシステムでは、移動報告番号や解体報告記録日など小難しい言葉が使われていますが、移動報告番号とはリサイクル券の番号、解体報告記録日とは使用済自動車の解体処理が完了(もしくは破砕業者が引き取った)したこと示す解体通知のことになりますので、あまり難しく考える必要はありません。ちなみに、移動報告番号はリサイクル券の券面に記載されているリサイクル券番号(ハイフンを除く)となります。車両の解体時にはすでに手元にリサイクル券はないと思いますが、引き取り業者から受け取る使用済自動車引取証明書にもリサイクル券番号や車体番号は記載ますので、引き取り業者から受け取る使用済自動車引取証明書にしっかりとこれらが記載されているかを事前に確認しておくようにしましょう。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

自動車リサイクル券A・B・C・D券について 自動車リサイクル法とは? 車検切れや事故車・不動車でも買取できるの? 自動車リサイクル料の詳細・内訳について 本当に廃車にされたかどうかを確認する方法
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る