1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. 海外で人気の日本の中古車は実は意外な車種?!

海外で人気の日本の中古車は実は意外な車種?!


途上国では商用用途の実需ニーズが高い


日本における自動車のイメージというと、トラックなどの商用車は別としても普通車においては、日常の足という側面と、ややぜいたく品というイメージが根強く残っています。東京都をはじめ、各都道府県で管理する都営住宅や県営住宅の敷地内に駐車場がないのも、こうしたイメージが残っているからではありますが、それはあくまで日本国内は電車やバスなどの公共交通機関が整備されているからの話。電車などが整備されていない新興国などにおいては、移動手段として車が必須であることは言うまでもありません。これらの国においては、産業の発展と共に車の必要性が一段と高まっており、商売を行ううえでの運搬用車両、観光客のためのタクシー、様々なシーンで自動車のニーズが高まっております。

急激な経済発展に伴い、こうした新興国の自動車数は急激に増えており、朝晩の通勤時間においては慢性的な交通渋滞に悩まされている国も少なくありませんが、こうした自動車の増加においては、日本の中古車が多く輸出されていることも背景にあります。海外諸国においては、先進国を除き、道路の整備や修理工場などの整備、そして法的な整備が完全に整っているとは言えない国も多く、車に求める機能としてはスタイルや燃費以上に、走破性であったり、耐久性や整備性といった実需のニーズが高く、もちろん日本から輸出される中古車においてもそうした車両が人気であることは、過去記事廃車後に輸出される日本の中古車の海外での評判でもご紹介したとおりです。

日本国内では決して人気とは言えない車種が大健闘?!

日本国内では決して人気とは言えない車種が大健闘?!


例えばインドで躍進中なのがスズキです。スズキは、日本国内においては軽自動車のセクションでダイハツと双角なす人気のメーカーではありますが、普通車においてはそれほど存在感の大きなメーカーではありません。近年では、スイフトが好調を維持しているものの、その他の車種においてはそれほど人気車種が存在するわけではありませんが、インドにおいては、現地生産のアルトやワゴンRなどが人気となっており、海外新興国では比較的珍しく、小型車を中心に販売数を伸ばしています。一方、東南アジア諸国においては、トヨタ・ヴィオス(ヴィッツの4ドアセダンのようなイメージ)など小型セダンが人気となっており、タイやベトナムなどでも同様に、タクシー需要としてカローラなどが大量に走っています。

続いて南半球に視点を移しますと、最も国土の広いオーストラリアについては、アメリカ同様ピックアップトラックが人気で、やはり広大な土地を背景にエンジンサイズや排気量などは全体的に大きなものばかりです。日本では商用車的な位置づけとなるピックアップトラックの代表格トヨタ・ハイラックスを筆頭に、マツダや三菱なども進出しています。特にマツダにおいてはオーストラリアでのシェア獲得にある程度成功しており、代表車種マツダ3(日本名:アクセラ)をはじめ、オーストラリア国内で販売される新車の約10%がマツダの車種となっているようです(出典:Federal Chamber of Automotive Industries [FCAI])。これらのように、現状日本国内で人気のハイブリッド車は、海外ではまだほとんど浸透しておらず、あくまで実需ベースでの車種が好まれるというのが実情です。

日本国内での不人気車種も輸出前提なら高額査定の可能性?!


上述のように、日本国内ではまったく不人気の車種でも海外においては非常に需要の高い車種である可能性は十分に考えられるのです。中古車市場においては、日本でも海外でも需要と供給のバランスによって価格が形成されることは言うまでもありません。もちろん、輸出される海外諸国によって関税の問題などはあり、例えばオーストラリアなどは比較的高い関税が掛けられるため、低年式・過走行の車種でも高額になってしまう傾向こそありますが、日本国内では引取り費用を負担しなければならないような個体においても、輸出前提の廃車買取であれば、ある程度の高額査定となる可能性がある点は念頭に置いておくべきでしょう。

廃車買取専ラインナップでは、新興国を中心とした海外への再販ルートを多数持っているため、その車種やその時々の需要に応じた査定が可能な数少ない廃車買取専門店です。特に日本国内では値が付きにくくなる走行距離10万km以上の車種などは、海外諸国においてはまだまだ現役で使われる上玉であり、普通車においては20~30万kmの走行距離となっている個体も少なくありません。ある程度流通している人気車種だけど過走行で査定ゼロ・・・、そもそも走行距離は少ないのに不人気車種で査定ゼロ・・・そんな時にはラインナップの廃車無料査定をお試しください。ラインナップでは、その時のニーズに応じた査定はもちろん、0円以上の査定を保証しておりますので、他所では廃車費用が掛かるような車種においても、ラインナップなら全ての手続きを代行してもお客様に費用をご負担していただくことはございません。不人気車種や過走行車の処分でお困りのさいは、お気軽にラインナップまでご相談ください。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

中古車輸出先として人気のケニヤの車事情 廃車後に輸出される日本の中古車の海外での評判 【廃車買取・基礎知識】諸外国における廃車手続きや車両解体事情 【廃車買取・基礎知識】廃車買取後の海外輸出先はどの国が多い? 【廃車買取・基礎知識】海外在住者における廃車手続きについて
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る