1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. トラック?普通車?廃車買取業者を選ぶポイントは?

【廃車買取・基礎知識】トラック?普通車?廃車買取業者を選ぶポイントは?

廃車買取業者を選ぶ際のポイントにつきましては、廃車買取業者とのトラブルを避けるための注意点でもご紹介いたしましたように、廃車手続きについては様々なケースがありますので、一つひとつ着実に手続きを進める必要があります。どの買取業者が良いかは、ケースバイケースとなりますが、一般的に廃車手続き自体が頻繁にあるわけではないので、法的な手続きや書類作成等について正しい知識があり、しっかりとサポートしてくれる業者であれば安心と言えます。廃車買取ラインナップでは、豊富な買取実績をノウハウで、お客様に揃えていただく必要書類から、廃車買取後の流れや還付金等のご案内まで、細かな点についても漏れなくご説明させていただいておりますので、何かご不明点やご不安な点がございましたら、お気軽にラインナップスタッフまでお問い合わせください。

トラック?普通車?廃車買取業者を選ぶポイントは? その廃車買取業者選びの前に、依頼をされようとしている車両が自家用車なのか、商用車なのか、はたまたトラックなのかでご依頼される業者が変わってくるのではないかと思います。特に普通車とトラックとでは、容姿も大きく異なれば用途も異なりますので、普通車のように車種や走行距離、外見だけで判断できるものではありません。トラックの種類につきましては、通常のカーゴやバンのほか、ダンプなど様々であり、ボディ形状も標準やワイド、長さもロングや超ロングなど多彩なバリエーションがあります。用途によってボディ屋が作成するものなので、トラック本体との組み合わせは無限といっても過言ではありませんが、特殊用途以外の日本製トラックは、主に海外市場で引っ張りダコ状態でもありますので、そうした販路を持った廃車買取業者であれば、年式が古くても走行距離が何十万kmでも査定額が付く可能性が高いと言えます。

普通車にせよトラックにせよ、その車種にどの程度の需要があるかが高額査定のポイントです。どの程度の需要か?というのはあくまで国内需要ではなく、海外も含めた実需となりますので、一般の方にはなかなか推し量ることができませんが、世界的にはまだまだ発展途上の国が多数存在し、日本からの払い下げと言えど諸外国からすれば「信頼性の高い日本製」ということで、それだけで付加価値が付き大きな需要があるのも事実です。また諸外国では、日本国内のディーラーのように整備網が整えられていないため、姿・形以上に丈夫で壊れにくい車両が好まれるのです。そうした観点からも日野やいすゞ、三菱ふそうなど日本メーカーのトラックは人気が高く、日本市場で値段が付かないような低年式車でも高価買取が実現できるのです。

廃車買取ラインナップでは、普通車以外にもトラック買取を強化しており、これまでにも多数のトラック買取の実績があります。平ボディからユニック付き、冷蔵冷凍など用途問わず様々なトラックの廃車買取が可能ですので、お気軽にご相談ください。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

廃車買取業者とのトラブルを避けるための注意点 ディーラーと廃車買取業者の違いは? 廃車買取業者と廃車処分業者との違いについて 車両1台あたりのスクラップ鉄くず重量目安 廃車買取の仕組みとその後について
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る