1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム

廃車買取に関する疑問なら「廃車買取・基礎知識コラム」

廃車手続きに関しては、廃車のご経験がある方でも、なかなか詳しい部分までは把握しきれていないのが実情です。廃車に伴い用意しなければならない必要書類のほか、保険の解約や税金還付のこと、色々な手続きを踏まなければなりません。そんな時にはきっとこの廃車買取・基礎知識コラムが役立つことでしょう。

コラム一覧

自動車リサイクル料の詳細・内訳について

自動車リサイクル料の詳細・内訳について
これまでにも自動車リサイクル法に関する様々な情報を取り上げてきましたが、自動車リサイクル料に関する事細かな内訳については、多くの車両所有者もあまり理解しておらず、ただ支払っただけという感覚の方が多いのも事実です。・・・・続きを読む

諸外国における廃車手続きや車両解体事情

諸外国における廃車手続きや車両解体事情
車の廃車処分については、当然の事ながら日本国内だけのお話ではなく、諸外国においても同様に廃車処分もあり、国や州ごとで廃車の手続きや処分方法が指定されています。ただし、日本のように10年落ちや10万kmで廃車ということではなく、アメリカなどは走行距離30万km超などという車が現役で走っていますし、・・・・続きを読む

今と昔の車両保有期間の移り変わり

今と昔の車両保有期間の移り変わり
車の廃車処分については、車の登録台数に比例することは言うまでもありませんが、近年では車の性能や耐久性も非常に向上したこと、廃車の要因となる交通事故などの減少、景気停滞など、様々な要因により車両の保有期間が若干長期化しているのも事実。日本のバブル期には、車を新車で購入して最初の車検が訪れる3年・・・・続きを読む

廃車台数が多い車種別カテゴリーランキング

廃車台数が多い車種別カテゴリーランキング
車の廃車要因については、廃車になる基準ってあるの?でもご紹介したように、交通事故や自然災害のほか、機械的な故障など様々な要因がありますが、やはり一番多いのが交通事故であり、交通事故の多い車種ほど廃車台数が多い傾向にあります。交通事故の多い車種というと、真っ先にスポーツカーや若者に人気の・・・・続きを読む

廃車部品から活用されるリビルトパーツって?

廃車部品から活用されるリビルトパーツって?
車を乗るうえで常に付きまとうリスクとして車両故障が挙げられます。車両トラブルは、そのほどんどで前触れなく起こり、痛い出費になることが多いのですが、その修理費は車両のハイテク化によって年々高額になっている傾向がありますので、車が壊れにくくなっているとは言え、常日頃からそうしたトラブルに・・・・続きを読む

車検切れ等で移動できない場合の車両回送費相場

車検切れ等で移動できない場合の車両回送費相場
事故や故障時などで自走できない場合に利用するレッカー移動。違法駐車などで強制的にレッカー移動されてしまうケースも含め、その移動料金は実際にレッカーを利用した人でないとなかなか知る方法がないというのが実情です。事故や故障時などでJAFにレッカーを依頼する場合、JAF会員であれば然程大きな・・・・続きを読む

自動車保有台数から見る廃車台数推移

自動車保有台数から見る廃車台数推移
日本国内の自動車保有台数は、軽自動車を含む乗用車で実に6,000万台を突破しており、一家に一台が当たり前の時代になっています。今と昔の車両保有期間の移り変わりの記事でもご紹介しているように、現在では普通車以上に軽自動車の保有台数が増え、時代と景気情勢により、各ユーザーのニーズも・・・・続きを読む

廃車買取後の海外輸出先はどの国が多い?

廃車買取後の海外輸出先はどの国が多い?
廃車買取ラインナップで買取をさせていただいた廃車は、廃車買取の仕組みとその後についてでもご紹介したように、解体される個体もあれば、海外輸出される場合もあり、高額買取ができるよう適宜需要に応じて販路先や解体かを判断しています。繰り返しになりますが、廃車とは、あくまで自動車としての使用を・・・・続きを読む

廃車解体後の部品は主に何にリサイクルされるの?

廃車解体後の部品は主に何にリサイクルされるの?
使用済み自動車として解体される車両は、主に鉄スクラップ、シュレッダーダスト(金属以外の樹脂・ゴム・ガラス等の破片)、エアバッグ類、エアコンなどのフロン類に分類され、それぞれで専門業者にて適正方法で処理されます。鉄スクラップはそのほとんどが中国や韓国に輸出され、鉄製品として再利用・・・・続きを読む

年間廃車台数と解体事業者数の推移

年間廃車台数と解体事業者数の推移
これまでにご紹介したとおり、車の年間廃車台数については約500万台前後で推移しており、そのうち使用済み自動車として解体される台数が300~350万台、中古車として海外へ輸出される車が100万台前後という内訳になります。足許では、解体台数が減少傾向にあり、その分輸出台数が増加傾向にありますが、・・・・続きを読む

加入中の自賠責保険会社が分からない場合

加入中の自賠責保険会社が分からない場合
車やバイクを運転する人ならば、自賠責保険を知らない人は少ないとは思いますが、その保険会社名や登録内容まで把握している人となると極端に少なくなるのが実情です。車検証についても、警察官などから提示を求められない限り、車検が来るまで車のダッシュボードに仕舞いっぱなしという方が多いと思いますし・・・・続きを読む

車両1台あたりのスクラップ鉄くず重量目安

車両1台あたりのスクラップ鉄くず重量目安
車を廃車にする場合、廃車買取の仕組みとその後についてでもご紹介したように、海外輸出となるケースもあれば、完全にスクラップとして解体される場合もあります。廃車ラインナップでは、できる限り高価買取を実現できるよう、様々な流通網を駆使して中古車として流通させた方が高値買取ができる場合もあれば・・・・続きを読む

気をつけたい!よくある廃車事故パターン(追突編)

気をつけたい!よくある廃車事故パターン(追突編)
車を運転する以上、交通事故のリスクは常に付きもの!自分が気をつけて運転していても、もらい事故等のリスクもありますので、絶対に事故を起こさないという保証はどこにもありません。車を運転するうえで安全運転を心がけることは当然ですが、交差点内での事故や相手方が急に飛び出してきたような出会い頭での・・・・続きを読む

営業ナンバー車両の廃車手続きについて

営業ナンバー車両の廃車手続きについて
以前、当コーナーで法人名義車両の廃車手続きと必要書類についてご紹介いたしましたが、先般紹介した記事についてはあくまで法人名義の自家用ナンバーであり、営業ナンバーではありません。営業ナンバーとは、事業用自動車に用いられるナンバーで、普通車以上であれば緑地に白文字、軽自動車であれば黒地に・・・・続きを読む

後付けパーツは廃車買取時には外した方がいい?

後付けパーツは廃車買取時には外した方がいい?
廃車買取や中古車買取の依頼時にはカーナビなどのアクセサリーが付加価値として評価されるか否かは、判断の分かれるところです。高価なカーオーディオなど、単体で再販ができるようなパーツであれば取り外してオークションなどで販売する方法もありますが、後付けの型落ちのカーナビなどは再販も難しく・・・・続きを読む

事故や故障以外での廃車要因について

事故や故障以外での廃車要因について
自動車の廃車要因の多くが、修理不能なほどの大破となる事故や高額な修理代となる故障などが原因です。一般的な乗用車のパーツはドアやボンネット、トランクなど交換できる部品も多い反面、ピラーやルーフなど一度歪んでしまうと表向きは綺麗に直せたとしても元の強度は戻らないことが多く、足回りなどの・・・・続きを読む

廃車買取業者と廃車処分業者との違いについて

廃車買取業者と廃車処分業者との違いについて
一般的に「廃車」と言えば、車を解体することをイメージされる方が多いと思いますが、これまで幾多の記事でも取り上げましたように法律上での廃車は「車両としての登録を抹消する」ことであり、車の解体そのものを指す言葉ではありません。ゆえに廃車買取業者についても、その業者自体が解体をするわけではなく・・・・続きを読む

トラック?普通車?廃車買取業者を選ぶポイントは?

トラック?普通車?廃車買取業者を選ぶポイントは?
廃車買取業者を選ぶ際のポイントにつきましては、廃車買取業者とのトラブルを避けるための注意点でもご紹介いたしましたように、廃車手続きについては様々なケースがありますので、一つひとつ着実に手続きを進める必要があります。どの買取業者が良いかは、ケースバイケースとなりますが、一般的に廃車手続き自体が・・・・続きを読む

自動車リサイクル券A・B・C・D券について

自動車リサイクル券A・B・C・D券について
これまでの記事でもご紹介してきたように、車の所有者については自動車リサイクル法に基づき、車の処分時に掛かるシュレッダーダスト、エアバッグ類のリサイクル費用の負担が義務付けられております。その流れを簡単に説明すると、自動車の購入時や車検時にリサイクル費用として支払い、その自動車を使用している間は・・・・続きを読む

ガソリン車とディーゼル車で廃車査定額に違いはある?

ガソリン車とディーゼル車で廃車査定額に違いはある?
昨今、クリーンディーゼルの急速な技術開発により、普通乗用車でもディーゼルのラインナップが増えてきました。また、ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国でもディーゼル車の地球環境への優しさが見直されており、そうした流れを受けて国内メーカーではマツダを筆頭にディーゼル車の需要が高まりつつあります。・・・・続きを読む
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号