1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. 走行距離10万kmで廃車の考えはもう古い?

走行距離10万kmで廃車の考えはもう古い?


日本で車を廃車にする目安?


日本で車に乗っていると、10万キロというのが車の一つの目安だと考える人は多いようです。
「十万キロを超えたから、新しい車を買おうかな」という買い替えの目安や、車を買う時も「10万キロか、結構走ってるな」という判断をし、車を売却する時の査定でも10万キロを超えてくると、価格が抑えられたり……。
とにかく距離を走っている車は状態が悪い、と考える方が多いのです。中には「10万キロ走っているからもう廃車だな」という考え方もあるほど。
というのも、かつて自動車メーカーが、とあるスローガン掲げて車を開発してきた背景があるからです。

かつて自動車メーカーが掲げていたスローガン

かつて自動車メーカーが掲げていたスローガン


自動車メーカーがスローガンにしていたといわれるもの、それは「10年乗って10万キロの間、大きな故障が起こらない」と言う目標でした。モノ造り日本の礎を築くためのスローガンですね。そのおかげで、日本車の品質は飛躍的に向上し、世界的な評価を得るようになっていきました。なので、その10年をクリアすると、色々な場所に劣化が起きてくるような場合が多かったんですね。
これは世界的に見ると10年もの間故障がおきないというのはとても優秀なのですが……。
日本の場合は車検があって、車検時にゴムパッキンやベルト、クラッチ、様々な部分の交換を自動車工場から必要といわれ、修理費に車検代とプラスされるとかなりの高額に!
それならば新しい車に買い換えた方がいいと考えるユーザーも多かったんですね。

そのおかげで新しい車が売れ、今の日本の経済の発展にもつながっていました。しかし、今の車の品質はあがっており、ディーラーや整備場で定期的にメンテナンスを受けてきた車なら、部品を交換しながら10万キロどころか20万キロ、10年どころか20年経ってもどこも悪くなっていない場合が多いんです。
また、新しく車を購入するとなるとやはり初期費用がかかるため、今のカーオーナーは10年以上乗る層も増えてきているんです。
また、塗装の材料や技術も進歩しているため、10年以上前の車でもいざ磨いたらピカピカ、新車と変わらない輝きの車も多くあります。

旧車のデザインの方が評価が高い?


デザインに関して言えば、最近は旧車ブームと言いますか、むしろ80年代、90年代、00年代初頭のデザインが評価されているので、どこも似たような車を出している最近の車と違って、古さを感じるどころか新鮮さがあるといえます。
自分にとっては古い車でも、その車の価値を見出してくれる別のオーナーがいる可能性が高いんですよ。
日本の中古車市場では値段のつかない車でも、海外ではニーズがあります。そのため、10年で廃車なんてもったいない、というのが実情。

もしお持ちの車が10万キロ以上走っている、という場合もメンテナンスをどのようにしてきたかが一番肝心といえます。適正な時期にエンジンオイルを交換してきた。プラグを交換してきた、など日々の小さなメンテナンスで車が最良の状態を保っていれば、10万キロを超えて20万キロでも、元気に走り続けられる車となります。

どうでしたか?10万キロで廃車はもったいないです。ご自身が魅力を感じなくなっている車でも是非査定を受けてみてください。思わぬ高額の評価を受ける可能性もあります!

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

廃車寸前の車のレストアが流行っている背景 車の買い替え時は下取りがいい?廃車処分がいい? 廃車なんてもったいない!レストアで大化けする人気の旧車 アメリカの25年ルール解禁で日本車の廃車需要も高まる? 廃車買取における総走行距離の目安は?
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る