1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. 外車や高級車の廃車買取は高額査定になる?

【廃車買取・基礎知識】外車や高級車の廃車買取は高額査定になる?

結論から言うと、廃車手続きという観点では、国産車であろうと輸入車であろうと、その扱いにまったく差はありません。逆にハイエースやランドクルーザーなど海外ニーズの高い車両の方が高い査定額をだせる場合もありますが、とは言えメルセデスベンツなどの高級外車については、元々の値段が高いこともあり、部品取りにしたりした場合でもそれなりの金額になることから、そういう側面からは高額査定になる可能性は十分にあります。とは言え、水没や車両火災など、使える部品がないケースでの廃車処分や原型を留めないくらいの大破状態ですと部品取りや海外輸出の可能性も限りなく低くなりますので、国産車の廃車買取と同等の扱いになるのが一般的です。外装や機構自体の状態が良い場合は中古車販売店等での査定の方が高額になる可能性もありますが、ダメージが大きかったりすると国産車も輸入車もあまり大きな違いはないかもしれません。

外車や高級車の査定 一昔前のドイツ車などは、フルモデルチェンジの頻度もさほど多くなかったため、型落ちによる査定額の落ち込みもそれほどでもなかったと言われますが、近年では国産車同様フルモデルチェンジのサイクルが短くなってきたことで値崩れが早く、事故車の場合の査定額も相当に低くなってきていると言われます。解体が前提となりますと国産車との差はほとんどなくなりますが、海外輸出など再販の場合は、廃車買取業者が持っている再販ルートによって大きく差が出る場合もありますので、事故車等で廃車を検討されている場合は、少なくとも複数社から見積もりを取って比較されることをお勧め致します。高価買取の理由でもご説明しているとおり、廃車買取ラインナップでは新興国を中心に独自の再販ルートを通じて様々な国々への輸出が可能ですので、色々と査定をしてもらったけど納得できる査定額が出なかった際には、一度オンライン無料査定をご利用ください。

特に新興国ニーズを考慮すると、丈夫で壊れにくい車両であったり、荷物の運搬に便利、悪路でも走行しやすい、などが考えられますが、一方インドなどでは低排気量、低価格などのコンパクトカーが選好されており、国々によってニーズは様々です。商用バンやRV車などは全世界的にニーズが高く、各国産メーカーもこぞって新広告市場戦略車などを打ち出しています。また、日本で先行しているプリウスなどのハイブリッド車の海外ニーズも今後一層高まる可能性がありますので、多走行、過走行車で中古車査定で金額がつかないような状態でも、一度ラインナップの無料査定をお試しになられると良いでしょう。特に修理費が高額のため直せずに不動状態のものや、低年式不動車など中古市場で値段がつかないような場合は、出張査定もいたしておりますので、お気軽にご相談ください。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

ディーラーと廃車買取業者の違いは? 車検証など廃車買取時に必要な書類について 廃車手続き時に必要となる委任状の書き方
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る