1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. 外国人による自分名義車両の廃車手続きについて

外国人による自分名義車両の廃車手続きについて


日本人も外国人も廃車時の必要書類に差はない?!


近年、外国人ドライバーを街中でも普通に見かけるようになりましたが、車両における各種手続きにおいても、日本人同様に外国人も必要となる書類はほとんど違いはありません。所轄の陸運支局に行けば分かりますが、意外と外国人も多く、それほどハードルの高い手続きではないようです。廃車手続きにおいても、必要書類は特に日本人との差はなく、旧来では市区町村が発行する「外国人登録原票記載事項証明書」が必要ではありましたが、現状は外国人においても住民票が交付されるようになりましたので、過去記事「廃車買取時に必要な書類(車検証や印鑑証明ほか)について」をご参照のうえ、必要書類を揃えて頂ければ問題ありません。

【廃車買取時にご用意いただく書類】
・車検証
・印鑑証明書
・委任状
・譲渡証明書
・運転免許証
・自賠責保険証(車検切れは不要)
・自動車リサイクル券A・B

廃車にしようとしている車両の名義は?!

廃車にしようとしている車両の名義は?!


廃車にしようとしている車両の名義が既にご自身ということであれば、その車を購入した際に名義変更や車庫証明取得等は行っている訳ですので、住民票などの取得も問題ないはずです。よって、車検証に記載されている所有者住所と現在住所が異なっている場合は、住民票のみのご提出で問題ありませんが、過去3か月で数回転居をしている場合には、戸籍の附票(住所変更履歴)の添付が必要となります。こちらに関しては、国籍問わず日本人の場合も同様で、過去記事「廃車買取時の戸籍附票と理由書が必要になる場合で取り上げておりますが、外国人の方で転居前の住所を証明する外国人登録済原票記載事項証明書は既に廃止されておりますので、多くの場合現在の住民票で受理されます。

外国人で自己名義の車を所有しているとなると、過去に車庫証明等も取得されていると思いますので、在留資格は既に永住者や定住者などであれば、扱いとしては日本人とほとんど同じです。既に住民票も印鑑登録もされていると思いますので、お手元にある車検証と現在の状態に相違がないかどうかを確認し(所有者住所や氏名など)、相違があれば事前に変更手続きや、それを証明できる書類をご用意いただれば問題ありません。廃車買取専門店ラインナップでは、廃車扱いの車両はもちろん、まだまだ中古車として利用できるものの、中古車市場ではまったく値がつかないというような車種においても高価買取可能!海外再販ルートなども多数ございますので、ゼロ円査定の個体でもある程度の金額で引取り可能な場合があります。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

中古車輸出先として人気のケニヤの車事情 廃車後に輸出される日本の中古車の海外での評判 【廃車買取・基礎知識】諸外国における廃車手続きや車両解体事情 【廃車買取・基礎知識】廃車買取後の海外輸出先はどの国が多い? 【廃車買取・基礎知識】海外在住者における廃車手続きについて
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る