1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. 廃車買取時に必要な書類(車検証や印鑑証明ほか)について

【廃車買取・基礎知識】廃車買取時に必要な書類(車検証や印鑑証明ほか)について

いざ、廃車買取や査定をお願いする際には、どのような書類をそろえておけば良いのでしょうか?廃車手続きは、一生のうちで数多くあるものではありません。多くの場合が不慮の事故などで、費用面で修理不能になってしまったなど、ある意味何度も廃車手続きをしなければならないような状況は避けなければなりませんが、諸般の事情も踏まえ、事前に必要な書類を準備しておくことで様々な手続きがスムーズに進みますので、心構えと合わせて必要な書類を再度確認しておくことをお勧めします。

自賠責保険証書 廃車買取時に必要な書類は、基本的にすべてのケースにおいて必要となるのが車検証と印鑑証明、委任状、譲渡証明書、運転免許証などの証明書で、自賠責保険証は車検切れの場合は不要、所有者欄が自身でない場合は、所有権解除申請書などが必要になります。その他、新車購入時に預託金として支払った自動車リサイクル券A・Bも必要となります。自動車購入後に何度か転居されている場合は、3ヶ月以内に取得した住民票や戸籍附表が必要になるケースや結婚などで苗字が変わったものの、自動車の名義氏名変更をしていなかった場合は、戸籍謄本なども必要になってきます。ラインナップの査定時に担当スタッフがていねいにヒアリングさせていただき、必要書類をご案内いたしますのでお気軽にご相談ください。

なお、ごくまれに車検証を紛失していたり、中古で購入した車両で自動車リサイクル券が備わっていなかったなどのケースがございます。車検証ならびに自賠責保険証の不携帯については道路運送車両法違反となりますので、自動車を運転する際には必ず携帯(だいたい助手席側のグローブボックスなどに入れてあるかと思いますが)しなければならないものですが、紛失以外にも車上あらしなどによる盗難の可能性もありますので、一応所轄の陸運局で再発行は可能です。リサイクル券については、新車なり中古車なりを購入する際に必ずリサイクル料を負担しており、リサイクル券とはその証明書でありますので、仮に証明書を紛失していたとしても、すでにリサイクル料を支払い済みである以上再発行の必要はありません。自動車リサイクルシステムウェブサイトにて使用済自動車の処理状況を確認することができ、車両区分や車台番号などを入力することで参照できる仕組みになっています。

通常、ディーラー等に廃車手続きをお願いした場合、代行手数料やレッカーが必要な場合はその費用、自動車の解体費用など総じて5~10万円程度の費用が生じる場合があります。廃車買取専門のラインナップでは、過走行車はもちろん事故車や不動車なんでも買取可能で、廃車手続き代行はもちろん、レッカー代などの手数料も一切発生いたしません。廃車買取の査定が成約いたしますと、10日以内にお車の抹消登録が完了、お客様に廃車手続き完了の証明となる抹消証明書を郵送いたしますので、煩わしい手続きは一切ございません。自動車税、重量税の還付がある場合もラインナップで手続きをいたします。ただし、お客様側で必要書類を揃えていただくのにお時間やお手間を要す場合などがございますので(特に所有権名義が使用者と異なる場合)、事前にラインナップまでご相談いただければ、スムーズなお手続きを事前にご案内いたします。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

他人名義の車両の廃車手続きおよび買取について タイヤやパーツが取り外されている場合の廃車買取 ローン中の車の廃車買取について 自動車税等の未納がある車の廃車および買取について 車検切れや事故車・不動車でも買取できるの?
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る