1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. 廃車買取業者と廃車処分業者との違いについて

【廃車買取・基礎知識】廃車買取業者と廃車処分業者との違いについて

一般的に「廃車」と言えば、車を解体することをイメージされる方が多いと思いますが、これまで幾多の記事でも取り上げましたように法律上での廃車は「車両としての登録を抹消する」ことであり、車の解体そのものを指す言葉ではありません。ゆえに廃車買取業者についても、その業者自体が解体をするわけではなく、ご依頼のあった車両に対して解体をするか、海外輸出をするか、いずれにせよ永久抹消登録を行って廃車にはなりますので、ご依頼後の流れについてはケースバイケースです。一方の廃車処分業者については、主に鉄や鋼材のスクラップを行っている工場であり、車が山積みにされているスクラップ工場などを一度はご覧になられたことがあると思いますが、あくまでも解体作業を行う業者が廃車処分(解体)業者という位置づけになります。*

廃車買取業者と廃車処分業者との違いについて 廃車買取業者については、手続きの多くを代行してくれるメリットがあり、自走の可否を問わず車両の引き取りはもちろん、必要な書類上の手続きも代行する業者が大半なので、ご依頼される方はその必要書類を揃えるだけで、車両の処分(抹消登録および車自体の処分)が完結します。一方、廃車処分(解体)業者については、車両を解体工場に自ら持ち込んで、さらに書類上の手続きも代行してくれる業者もありますが、基本的には自らが行う必要があります。解体工場への持込については、解体以外の選択肢はないため、車両1台あたりのスクラップ鉄くず重量目安でもご紹介したように、鉄くず買取代として幾らかの金額がつく場合もありますが、海外市場への再販等の可能性はないため、それ以上の評価になって高額査定になることはありませんし、鉄くず買取価格以下ということもありません。
ただし、全ての車両において再販や海外輸出などが可能と言うわけではなく、車種によっては需要が乏しく販路が確保できない場合もありますので、その場合は解体という形となります。その場合も基本的には全ての手続きを廃車買取業者が代行するケースがほとんどですので、ご依頼されるお客様の手を煩わすことは必要書類を揃えていただく以外にはほとんどありません。廃車買取業者は、より高額で買取できるよう様々な販路を確保することが良い業者の鍵といっても過言ではない一方、廃車処分(解体)業者さんは正しい知識のもと、自動車リサイクル方に基づき正しい処分方法にてしっかりと解体してくれるかが良い業者の判断となります。もちろん、永久抹消の場合、その車両が正しく解体されたことを証明する「移動報告番号」および「「解体報告記録」が必要となりますので、そうした書類や手続きの進め方をしっかりサポートしてくれる解体業者であれば安心と言えます。

このように廃車処分業者と廃車買取業者では、それぞれで役割が異なります。どちらが良い・悪いのお話ではなく、用途や目的によって依頼すべき業者を決める必要がありますので混同しないよう気をつけましょう。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

車両1台あたりのスクラップ鉄くず重量目安 ディーラーと廃車買取業者の違いは? トラック?普通車?廃車買取業者を選ぶポイントは? 廃車買取業者とのトラブルを避けるための注意点 廃車買取の仕組みとその後について
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る