1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. ディーラーと廃車買取業者の違いは?

【廃車買取・基礎知識】ディーラーと廃車買取業者の違いは?

自動車にせよ住宅にせよ、ある程度の高額商品となると、購入した店舗等にアフターサポートを依頼したり、期待するのが一般的で自動車もそれが顕著に当てはまります。特にディーラーにて新車で購入した場合、買い替えによる下取りにせよ、買取にせよディーラーに持ち込む方が圧倒的に多いのと同様に、事故等による廃車処分もディーラーに持ち込まれるケースが少なくありません。もちろん、ディーラーという信頼度はもちろんのこと、購入した店舗であれば誠意をもって対応してくれるだろうという期待感も背景にあると思いますが、費用感で見ますとさほど大差はなく、逆にディーラーのほうが不利になる例も多々あります。特に事故によるレッカー移動や廃車手続き代行費用など、一般的には数万円前後の費用負担が生じることになりますが、ディーラーも廃車処分の専門家ではないため、手続きに不備があったり、税金の還付手続き等がスムーズに行かなかったなどの意見も少なくありません。廃車処分を検討されている際は、廃車買取専門業者も含めて検討する必要があります。

ディーラーと廃車買取業者の違い ディラーの強みは全国的な販売網のネットワークであったり、新車購入後のサポートであったりと、言うまでもなく販売側の立ち位置である以上、廃車処分後にその販売店で新車を購入するなどの前提であれば、処分費用をサービスしてくれたり、新車購入費用のディスカウントなどを引き出せる可能性はあります。一方、廃車処分のみとなれば、下請け業者に丸投げという可能性もありますので、特に煩雑になる必要書類の手配や税還付などについては、期待するほどのサポートは受けられないかもしれません。廃車処分についてはトータルコストで比較・検討する必要があり、仮にディーラーで処分をお願いした際に代行手数料等で5万円の費用負担があった場合、廃車買取業者での査定額がゼロ円だったとしてもトータル的に比較すると、廃車買取業者の方が5万円得だったということになります。さらに1万円でも査定額が付けば、その差額は大きなものになりますので、検討せずにディーラーにお願いするよりかは、1社でも廃車買取業者の査定を依頼されると良いでしょう。

特に外出先で事故などに見舞われた場合、その時間帯や場所にもよりますが、近くの修理工場までのレッカー代で数万円請求されることも珍しくありません。JAFや加入している任意保険のサービスをお使いになれば安価で収めることはできますが、相手方がいる事故の場合は警察側でレッカーを手配されてしまうケースが多々あり、その場合は比較的割高になってしまします。加入されている任意保険等のレッカーサービスをご利用になる際は、なるべく早めに手配した方が良いでしょう。なお、事故による精神的ダメージやレッカー代の出費で痛い思いをされている状況下で、さらに廃車処分費用が掛かることになると気持ち的にも滅入ってしまいますので、不幸にも事故に見舞われてしまった際にはとりあえず自宅車庫にレッカーしてもらい、後日廃車買取ラインナップの無料査定をお試しいただく方法も宜しいかと思います。自走できない状態でも無料にて引き取りいたしますので、お気軽にラインナップまでご相談ください。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

外車や高級車の廃車買取は高額査定になる? 廃車買取業者とのトラブルを避けるための注意点 車検証など廃車買取時に必要な書類について 廃車買取依頼時の処分証明書について 廃車買取後の車庫証明の廃止手続きについて
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る