1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 廃車買取・基礎知識コラム
  3. 自動ブレーキアシストの採用は事故軽減につながる?

自動ブレーキアシストの採用は事故軽減につながる?


そもそも自動ブレーキアシスト機能ってなに?


昨今、自動車メーカーによるテレビCMなどでもお馴染みになってきた自動ブレーキアシスト。各メーカーによって呼び名は異なるかもしれませんが、総じて「自動ブレーキ」などと呼ばれる衝突被害軽減自動ブレーキ機能です。概要としては、車前部に取り付けられたセンサーや車載カメラが、前車や障害物を察知して、衝突の可能性がある場合に自動的にブレーキを掛ける機能で、特に事故のパターンとして最も多い追突事故を防ぐ観点では非常に有効とみられているほか、歩行者との衝突もある程度防いでくれるうえ、仮に衝突してしまったとしても大幅に速度が低下していれば、その際の衝撃も抑えられることで、非常に期待が高まっている技術のひとつです。

近年では、高齢ドライバーによるブレーキとアクセルの踏み間違い事故が頻発したことも背景にありますが、今後数年で高齢ドライバーが急激に増えるとみられている日本においては、既に標準装備が義務化される可能性も高いと指摘されています(既に大型トラックなどは義務化が決定しています)。自動ブレーキが作動してしまうことは、本来であれば不名誉なことかもしれませんが、子供の急な飛び出しなど、回避が困難な状況においては正常に作動すれば非常に有効なシステムでありますが、その機能を過信しすぎて衝突事故を起こしてしまったり、自動ブレーキが作動して止まるだろうと、歩行者や運転者における交通ルール軽視などのモラル低下に繋がる可能性も指摘されており、今後の課題として議論が継続されるところです。

車種ごとで搭載される自動ブレーキの種類が異なる!

車種ごとで搭載される自動ブレーキの種類が異なる!


上述のように、普通車においても自動ブレーキアシスト機能の装備が義務化される流れとなりつつありますが、各メーカーごとでその仕組みはマチマチであり、また同じメーカーにおいても車種によって、その危険認識を行うカメラやレーダーなども異なっています。当然、上位車種ほどより精度の高い自動ブレーキシステムが搭載されることになりますが、そのぶん車両価格も高額になるため、今後一段と新車価格は高騰する可能性が高いと言えます。とは言え、事故件数の減少や被害縮小、さらには死亡事故の減少という観点では、なにより優先させる機能かもしれませんので、これら機能の精度が一段と高まり、そしていち早く全車種に採用されるよう望むところではあります。

自動ブレーキの仕組みにおいては、各メーカーごとで危険検知の方法は異なりますが、大きく分類すると、赤外線レーザーによる障害物の検知、光学カメラによる検知、そしてミリ波レーダーによる検知の3種類で、上位車種などは2つ以上の方法により障害物を検知してブレーキを作動させます。ただし、あくまで衝突時の被害軽減のための自動ブレーキ機能ですので、低速域では完全に停止してくれるシステムもありますが、多くの場合で50km/h~60km/h以上の高速域では、完全に停止してくれるものではないようです。また、あくまで車両への衝突を回避・軽減するのみで、歩行者や障害物には作動しない自動ブレーキ機能もあるようなので、購入時にはしっかりとディーラーの説明を聞くようにしましょう(ディーラーでは当該機能における留意点などの説明が必ずなされるはずです)。

動画サイトで自動ブレーキ機能の精度を検証してみる


すでに大手動画サイトなどでは、各メーカーごとの自動ブレーキアシスト機能を試した動画が多く紹介されており、各メーカーや車種ごとで採用される当該機能の向き・不向きが検証されています。この方式の検知ならこういう状況でしっかり止まる、この検知方式だと止まらないなど、道路の状況や検知方式の違いにより優劣が分かれるようなので、その点も踏まえ、どの検知方式が良いのかはご自身で判断する必要があります。現状では、車両などの障害物検知はなされるものの、歩行者検知までなされる自動ブレーキ機能は少ないようで、まだまだ技術向上については改善の余地があると思われます。

また、実際のシーンに応じた事故パターンなどを想像すると、例えば高速道路に多い追突事故においては、急な渋滞で目の前の流れが詰まってしまった際にはしっかりと制動できるのか?、街乗りにおいては、交差点内における右直の事故や側道からの急な飛び出しなどでも停止してくれるのかなど、様々なシーンを想定しつつ、どの程度事故軽減に繋がるかは、今後もデータを取り続ける必要があります。先進技術だけあって、改善の余地は多いかもしれませんが、こうした機能が事故件数の減少につながれば、任意保険の料金の引き下げにも繋がりますし、事故による修理費などの負担軽減にも繋がりますので、いち早く精度の高い自動ブレーキアシスト機能の装備が待たれるところかもしれません。

廃車買取・基礎知識コラム記事一覧に戻る



【廃車買取・基礎知識】関連記事

タイヤやパーツが取り外されている場合の廃車買取 廃車になる基準ってあるの? 車検切れや事故車・不動車でも買取できるの? 車検証など廃車買取時に必要な書類について 廃車手続き時に必要となる委任状の書き方
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

▲先頭へ戻る