廃車買取に関する疑問なら「廃車買取・基礎知識コラム」

廃車手続きに関しては、廃車のご経験がある方でも、なかなか詳しい部分までは把握しきれていないのが実情です。廃車に伴い用意しなければならない必要書類のほか、保険の解約や税金還付のこと、色々な手続きを踏まなければなりません。そんな時にはきっとこの廃車買取・基礎知識コラムが役立つことでしょう。

コラム一覧

トヨタ・セルシオの廃車現金買取相場と廃車要因

トヨタ・セルシオの廃車現金買取相場と廃車要因
トヨタ「セルシオ」と言えば、クラウンとセンチュリーの中間的な高級車として幅広い層から人気を博したトヨタの代表的車種と言っても過言ではありません。セルシオのデビューは日本国内がバブル期の真っただ中にあった1989年であり、競合車で言えば日産シーマなどが台頭していた時代。・・・・続きを読む

トヨタマークX・マークⅡの廃車買取相場と廃車要因

トヨタマークX・マークⅡの廃車買取相場と廃車要因
トヨタマークⅡは、1968年から2004年まで生産されたトヨタの車種の中でも超ロングセラーモデルのひとつでしたが、2004年以降は後継のマークX(マークエックス)にバトンタッチしました。マークⅡ時代には、スポーティー志向のチェイサー、セダン志向のクレスタとマークⅡ三兄弟と言われた3車種が・・・・続きを読む

ホンダ・S2000の廃車現金買取相場と廃車要因

ホンダ・S2000の廃車現金買取相場と廃車要因
ホンダの50周年記念車として1999年に登場したS2000は、その車名のとおり2.0Lエンジン搭載のスポーツタイプのオープンカーで、ユーノスロードスターと同じカテゴリーのモデルです。ホンダのオープンスポーツカーにおいては、過去にS800(通称エスハチ)という小型スポーツカーがありましたが・・・・続きを読む

ホンダ・CR-Vの廃車買取相場と廃車要因

ホンダ・CR-Vの廃車買取相場と廃車要因
ホンダCR-Vは、1995年に登場した本田発の本格RV車で、当時はまだRV車の人気は低く、当然SUVという言い方もなかった時代に、日常的な街乗りもこなせるクロスオーバーSUVというコンセプトで登場した1台です。1990年代中盤、ホンダは数多くのヒット作を世に送り出しており、94年にはオデッセイ・・・・続きを読む

シボレー・コルベットの廃車買取相場と廃車要因

シボレー・コルベットの廃車買取相場と廃車要因
アメリカンマッスルとも言われる大排気量と大型ボディが特徴のシボレーコルベットは、1954年から実に60年以上にも渡って製造されるシボレー社の伝統的なスポーツカーのひとつで、同じシボレー社のカマロ同様、日本国内でもコアなファンに支持され続けているモデルです。さすがに初代モデルは実在していませんが・・・・続きを読む

アメ車の廃車処分費用相場と注意点について

アメ車の廃車処分費用相場と注意点について
憧れの輸入車の購入ともなると車両本体に目移りしてしまい、メンテナンス費や維持費までを考慮して購入する人は、非常に限られているのが実情ではないでしょうか?特に大排気量のアメ車などは、必然的に燃費なども日本車の比にならないくらい悪いので、毎月の燃料代を捻出するだけで精一杯・・・・・・・続きを読む

廃車の再生・フルレストアに関する費用について

廃車の再生・フルレストアに関する費用について
近年の車両は、そのほとんどが電子制御となっており、ドライバーの技術がなくてもある程度電子制御によってコントロールされるようになっています。ABSなどはその代表的な装置のひとつではありますが、その他トラクションコントロールや横滑り防止のESCなど、車両の様々な状態をセンサーで検知して・・・・続きを読む

タクシーや教習車などの廃車はどうしてるの?

タクシーや教習車などの廃車はどうしてるの?
自動車を業務として使用している代表的な職種として、タクシーや警察、自動車教習所などが挙げられます。警察で使われるパトカーは、クラウンをはじめ管轄によって様々な車種が用いられますが、パトカーにおいては例外こそあるかもしれませんが、国費で警察庁が一括で購入しており・・・・続きを読む

気をつけたい!よくある廃車事故パターン(自爆編)

気をつけたい!よくある廃車事故パターン(自爆編)
過去記事でも人気シリーズとなった「気をつけたい!よくある廃車事故パターン」も3回目の更新となりすが、今回は交通事故においても非常に多い自損事故について取り上げます。自損事故、すなわち自爆ですが、基本的には事故の人間の相手が存在しない物損事故の総称であり、事故によってガードレールや壁などを・・・・続きを読む

ナンバープレートを紛失している際の廃車手続き

ナンバープレートを紛失している際の廃車手続き
公道を走るうえで絶対的に必要となるナンバープレートですが、フロント側のナンバーはビス2本で留められているだけなのに対して、リア側は封印によって取り外しができないように工夫されています。封印自体は決して取り外せない訳ではありませんが、外しにくくしている理由には・・・・続きを読む

車の買い替え時は下取りがいい?廃車処分がいい?

車の買い替え時は下取りがいい?廃車処分がいい?
現在乗っている車から新しい車、ないしは新たな中古車に乗り換える場合、そのほとんどで新たな車を購入するメーカーディーラーや中古車販売店などに下取りしてもらうケースがほとんどです。もちろん、査定額によっては新たな車の購入代金に充当できることもあり、・・・・続きを読む

廃車から再利用される中古パーツやリビルト品はどのようなものがある?

廃車から再利用される中古パーツやリビルト品はどのようなものがある?
車に乗る以上、避けて通れないのがメンテナンス費の負担です。車に掛かるランニングコストとしては、燃料代や保険代、車庫代、税金など様々なコストがか掛かってきますが、中でも大きな出費として痛い思いをすることになるのが、急なトラブルなどによる修理代です。・・・・続きを読む

廃車に出す前に取り外しを検討したい高価パーツ?

廃車に出す前に取り外しを検討したい高価パーツ?
車は、運転する楽しみのほか、所有する楽しみ、そして後から色々なパーツを取り付ける楽しみなど、様々な楽しみ方があります。カーライフを楽しみ方においては、人それぞれ車に求めるものが異なりますので、必ずしも価値観が一致するものではありません。・・・・続きを読む

>火災で車が全焼してしまった場合の手続きや処分方法

火災で車が全焼してしまった場合の手続きや処分方法
車両火災というと少々無縁なイメージこそありますが、国土交通省のデータによりますと、平成26年で年間1,252件、平成27年で1,313件と、1日あたり約3件程度の車両火災が起きていることになります。・・・・続きを読む

滋賀県における廃車台数推移と買取実績

滋賀県における廃車台数推移と買取実績
日本最大の湖「琵琶湖」を有する滋賀県は、観光地としての知名度はもちろんですが、京都や大阪など関西主要都市へ通勤・通学をする人のベッドタウンとしても人気が高まっており、近年では人口も増加傾向、それに伴って車両の登録台数も増えております。・・・・続きを読む

奈良県における廃車台数推移と買取実績

奈良県における廃車台数推移と買取実績
奈良県は、県南半分が山々に囲まれた典型的な盆地で、京都などと同様に夏は蒸し暑く、冬は寒い盆地気候が特徴のエリアです。西は大阪府枚方市や交野市などと隣接、北は京田辺市や木津川市に隣接していることで、中心部への通勤・通学のベッドタウンとして・・・・続きを読む

マツダRX-7・RX-8の廃車現金買取相場

マツダRX-7・RX-8の廃車現金買取相場
RX-7は、1978年に登場した初代SA22C(通称:SA)を皮切りに、1991年登場のFD型まで3代に渡り生産され、最終型のFDについては、2002年8月をもって生産終了となりました。特に初代サバンナRX-7は、販売台数47万台を記録するベストセラーとなり、2代目となるサバンナRX-7・・・・続きを読む

マツダCX-5・CX-3の廃車現金買取相場

マツダCX-5・CX-3の廃車現金買取相場
マツダのCX-5・CX-3は、マツダ独自の新技術となる高燃費エンジンSKYACTIVを全車に搭載した本格クロスオーバーSUVで、CX-7の実質的後継機としてデビュー。平均燃費でリッター14~18kmの低燃費を実現したCX-5は、マツダにとっては2005年のロードスター以来・・・・続きを読む

三菱・ランサーエボリューションの廃車現金買取相場

三菱・ランサーエボリューションの廃車現金買取相場
三菱のランサーエボリューションは、1992年に登場した4ドアセダンのランサーをベースとしたラリー仕様で、ランサーのボディにギャランのVR-4のV62Lツインターボエンジンを搭載した異色のモデルです。4ドアセダンのスポーツ仕様ということで、・・・・続きを読む

三菱・パジェロの廃車事情と現金買取相場について

三菱・パジェロの廃車事情と現金買取相場について
三菱・パジェロは1982年に初代が登場し、現在も三菱自動車のカタログランナップに残る主力のRVモデルです。登場から既に35年というロングセラーモデルとなるうえ、現行モデルでもまだ4代目という、概ね10年単位でフルモデルチェンジがなされる息の長いサイクルが特徴で、・・・・続きを読む
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号