よくあるご質問

廃車買取が初めてのお客様からよく聞かれる質問をまとめてみました。廃車買取前に不安に感じることや、査定までの流れ、なぜ無料なのか、車を引き取りに伺うときの道路の広さなど、幅広い疑問・質問についてQ&A方式でお答えします。

料金・費用について

4月に廃車した場合の自動車税はどうなりますか?
自動車税は4月1日に所有している人に納税義務が生じます。
廃車手続きが済み5月に所有権が移った場合には4月分(1カ月分)だけの税が課せられます。支払済みの場合は、後日払いすぎた自動車税を戻してくれる書類が届きますので、その書類に従うと払い戻ししてくれます。
古い車を廃車にするときに手数料が発生しますか?
いいえ、発生しません。

廃車について

トラックの売却もできますか?
はい。トラックは人気車両の一つです。
トラックの他、バンなどの業務用車両も買取可能です。
外国車でも査定してもらえますか?
国産車も外国車も査定・買取しています。
ぜひご相談ください。
土日祝日の引き取りはしてもらえますか?
廃車査定をする参加店の営業日によりますので、恐れ入りますが査定連絡をした担当者にご確認ください。
マニュアル車の買取もしてもらえますか?
はい。買取いたします。
ディーゼル車の買取もしてもらえますか?
はい。買取いたします。
ディーゼル車の場合には、リサイクルパーツとしての需要が高いため、動かなくても利用価値があり喜ばれます。
改造車の買取もしてもらえますか?
はい。買取いたします。
詳しい改造内容等を担当者にお知らせください。
事故車ですが、破損の程度はどれくらいまで引き取ってもらえますか?
事故車の状態によって買取価格は変わりますが、基本的にどんな事故車でも買取できます。

廃車手続きについて

車検が切れた車が車庫に置いていますが、買い取れますか?
もちろんです。
車検が切れていても中古車と同様に承っています。
ローンが残っているのですが買い取ってもらえますか?
自動車ローンがまだ残っている場合には、買い取ることはできません。
ローンを清算していただいたあとに買取可能になります。
廃車手続きに必要な書類は?
普通自動車、軽自動車、車検証の記載内容と現在の住所や苗字が変わっている場合などの状況によって必要書類が変わりますが、基本は、車検証、自賠責保険証などです。廃車査定申込み時に詳細をお伝えします。
査定したその日に廃車にできますか?
廃車手続きに要する地域の陸運支局の手続きの時間や忙しさにもよりますので、一概にはお答えできませんが、必要書類が整っていれば、処理を早く進めることは可能なはずです。しかし、お日にちに余裕を持って廃車手続きを行うことをお勧めいたします。
車検証と今の住所が違うのですが廃車できますか?
はい。必要書類をご用意していただければきちんと廃車できます。
基本的に住民票が必要です。お客様の状況によって変わるので査定時に担当者から説明いたします。
結婚したので車検証の名義が違うのですが大丈夫ですか?
はい、大丈夫です。
車検証と苗字が違うときには、戸籍抄本や謄本を一緒に提出していただくことになります。
車検証を無くしてしまいました。どうしたら?
大丈夫です。
買取するときに陸運局で「現在登録証明書」を取得することになります。詳しくは買取時に担当者から説明いたします。
車の所有者以外でも廃車手続きは可能ですか?
所有者の委任状が揃えば廃車手続きは可能です。
本人確認や所有者との関係を証明するものの提示をお願いします。詳しくは担当者が説明いたします。
親の遺産整理で廃車にしたいのですが可能ですか?
はい、可能です。
所有者がお亡くなりのケースでも廃車手続きができます。親族の場合には、必要書類を揃えていただくことになります。詳しくは担当者から説明いたします。
法人名義でも廃車できますか?
はい、可能です。
必要書類をご用意いただければ買取できます。譲渡証明書や委任状、印鑑証明書が必要になります。買取時に担当者が説明します。

廃車のリサイクルについて

廃車した車はどうなるの?
廃車になった車は、自動車リサイクル法に対応した登録業者がリサイクルいたします。当社では各種登録や許可をもらっているのでご安心ください。

無料査定
はこちら

LINE査定
はこちら