中古車・廃車・事故車・トラック・重機を高価買取!出張引取・お引取り完全無料

中古車買取時に必要となる書類はなに?


いざ車を売却しようとなった時、必要になる書類とは?


車の売買で一番煩わしいのが書類の手続きです。車を中古車買取業者に売却するということは、車の所有権を買取業者に譲るということになりますが、それには車の所有者を変更する手続き、書類が必要となってきます。必要な書類が幾つかありますが、ひとつひとつ用意しておけば後は業者が手続きをやってくれます。必要書類をこちらにまとめてみましたので、是非お車を売却する時参考にしてください。
(2018年7月現在の情報によりますので、実際に売却される時は、自治体等にご確認ください)

**************

■普通自動車
・自動車検査証
こちらに記載された所有者でなければ車を売却することはできません。
ローン支払いのために、ディーラーやクレジット会社の名義になっている場合、名義変更をしておきましょう。
※自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は以下の書類が必要になります
住所変更が一度あった場合:住民票
住所変更を複数回経た場合:戸籍の附票または住民票の除票
姓が変わっている場合:戸籍謄本
・印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書(有効期限要確認)
・実印
・リサイクル券(預託済みの場合)

■軽自動車
軽自動車の場合、必要書類は少なくなります。
・自動車検査証
・自賠責保険証明書
・軽自動車納税証明書(有効期限要確認)
・印鑑(認印可)
・リサイクル券(預託済みの場合)

車検証や自動車納税証明書がない?!


まずはダッシュボードを確認してみましょう。修理業者などが一時的に取り出しても、まずここに入れられています。
もっとも、保険の見積もりのために引っ張り出してきて、どこに行ったか分からない、などということはままあるものです。納税証明書も、そんなものをもらったっけ?と忘れてしまっている場合もありますし、最近は電子化されて車検の時にも不要となっている自治体が増えていますので、いざとなった時、ない、ということはよくあるものです。
もっとも、発行されていなくても、失くしてしまっても、再発行してもらえますので、安心してください。

■自賠責保険証
保険会社に申請。無料で再発行。免許証、パスポートなど本人確認が必要

■車検証(自動車検査証)
登録陸運局で、再発行。申請書類代と手数料が必要。

・使用者の委任状
 使用者が申請する場合は不要
・車検証 汚損したものが残っている場合、返納する
・理由書
 車検証が残っていない場合に必要。
 使用者本人が申請する場合は申請書のみでよい。
・申請者の身分証明書
 運転免許証、健康保険証、パスポートなど
・手数料納付書
・申請書(当日記入)

申請書が100円、手数料は300円(2018年7月現在)

■納税証明書
管轄の都道府県税事務所で、無料で再発行。

自治体によっては以下の書類が必要となることがあります
1.車検証
2.納税を行った領収証書(コピー不可)
3.身分証明書

クレジットカードで納税した場合、納税証明書は発行されません。各都道府県によって取得方法が違いますので、お住まいの自治体の税務署に確認してください。

揃える書類が多く面倒を感じてしまいそうですが、探しても見つからないものはさっさと再発行して素早く手続きを済ませてしまうのも、どんどん値段が下がっていく中古車を高く売る秘訣です。

即金高額査定を勝ち取る必見の中古車買取コラム



【即金高額査定を勝ち取る必見の中古車買取コラム】関連記事

車の傷やヘコミは、どの程度査定金額に影響する? 中古車買取において値崩れしにくい自動車メーカーってある? 故障車や車検切れでも中古車買取はしてもらえる? 中古車買取時に残存期間がある任意保険や自賠責保険について 中古車買取における見積もりの取り方手順は?
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

Copyright Lineup All Rights Reserved.