中古車・廃車・事故車・トラック・重機を高価買取!出張引取・お引取り完全無料

  1. 廃車買取りのライナップTOP
  2. 即金高額査定を勝ち取る必見の中古車買取コラム
  3. 車の傷やヘコミは、どの程度査定金額に影響する?

車の傷やヘコミは、どの程度査定金額に影響する?


知っておこう、傷の程度と査定の関係


車の査定は、基本的に全国統一、日本自動車査定協会の定めた基準に沿って行われています。
もちろん地域や店舗、また、人気車種、不人気車種などによっても査定額には差が出てきますが、極端な違いが出ないようになっているわけです。
気になる車の傷や凹みですが、最初にお伝えしておきたいのは、査定をお願いする車のボディの細かい傷があったとしても、中古車として売りに出されるときは磨きをかけられ傷はほとんど目立たなくなるので、あまり気にする必要はないということです。もちろん査定のプロはその部分もきっちりと見ていますが、乗っていればついてしまう傷については経年劣化のようなものですので、大きな減点の対象にならないのです。

車の傷やヘコミは、どの程度査定金額に影響する?

減点対象とならない傷。※あくまで目安です。
・一センチ以内の傷
・飛び石
・指でささくれが確認できない擦り傷

査定に大きく影響する減点される傷。※あくまで目安です。買取業者によって違いますが、おおまかな減点基準。
・錆び(サビ)になるような小傷
・ルーフのえくぼ、ボンネットのくぼみ。
・再塗装だけではなく、板金が必要なへこみ
こちらは大きさによって減点が決まってきます。

■減点の目安(買い取り業者によって前後する)
・再塗装のみ
1cm未満……ほぼ減点なし
名刺サイズ~A4サイズ程度……1万円~3万円
A4サイズ以上……1.5万円~4万円

・再塗装と板金が必要な深い傷
名刺サイズ~A4サイズ程度……1.5万円~5万円
A4サイズ以上……2万円~8万円
パネル半分以上……7万円~20万円

中古車は買取査定をしてもらう前に傷の修理が必要か


結論から先に言いますと、たとえ減点される傷のある車でも、修理の必要はありません。そのままで査定にいきましょう。
もちろん、傷がないと判断された車のほうが高い査定額が出ますが、査定前に修理に出す料金を考慮すると結果的に損をしてしまうからです。

自分で修理するのはあり?


業者に修理を頼むと高くつくけど、自分で修理してしまえばいいのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、よほど腕に覚えのある、プロか、あるいはプロ並みに修復経験のある方以外は、あまりおすすめできません。というのも、素人が自分なりに元通りに治せたと思ったとしても、プロの目から見ると、修復跡が丸わかりだったり、汚かったりするからです。
同じ色に見えたとしても、光の具合によってはありありと違う色だということがわかってしまえば、それは傷としてみなされてしまいます。下手な修理をして塗装を痛めてしまったり、修理範囲が広がってしまうことも? コンパウンドで磨くのもお勧めできません。洗車くらいにとどめた方が良いでしょう。

中古車買取ラインナップは、直営の中古車販売店を持ち、海外輸出も可能、再生できる部品の販売網もあるため、高級車から自走不可能な車、事故車まで、他店では断られたお車でも現金で高額買取可能です。愛車の査定は中古車買取ラインナップまでご相談ください。

即金高額査定を勝ち取る必見の中古車買取コラム



【即金高額査定を勝ち取る必見の中古車買取コラム】関連記事

中古車買取において少しでも高く買い取ってもらうコツってある? 愛車を1円でも高く売るため、査定までにやっておきたい3つのポイント 中古車買取で年式と走行距離のほかに査定要因となる項目は? 中古車買取業はどの場所でどこの業者にお願いしても査定額は一緒?
車種
年式
自己走行

お名前
電話番号
メール
郵便番号

Copyright Lineup All Rights Reserved.